カテゴリ:「YouTube ニコ動他」

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

ギター名演のレコーディング

2013.04.05(Fri) | EDIT

私が大好きなニック・ロウの曲「ボーン・ファイター」のレコーディングの様子は YouTube で観れるのですが。





「ボーン・ファイター」とはこんな曲
 ↓






この曲のデイヴ・エドモンズによるギターのアドリブソロ、短いながらもフレーズがもの凄いんだけど、
スタジオではこれだけ気合入っていたんだなーという姿も、21世紀の僕らは、幸運にも、YouTube にて観ることができます。







こうでなくては。








好きなギター奏者②

2012.09.09(Sun) | EDIT

私が高校の頃、ストレイ・キャッツのリズム隊、ドラムのスリム・ジム・ファントムと、ベースのリー・ロッカーは、ニューヨークのギタリスト、アール・スリックと組んで Phantom,Rocker & Slick というトリオを組んで、アルバムを出しました。

ちょうどMTVでは、下の曲のプロモーションヴィデオがけっこう盛んに流されてました。ちょっと前まで YouTube でそのヴィデオ観れたのですが、削除されたようなので、代わりに下記を貼っておきます。



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=CqnQxaP4P58


このアール・スリックの力強いギターと無骨なフレーズが、当時高校生の私も滅茶苦茶カッコよいなーと思い、以来今日、私がオジサンになっても、スリック氏は、私が師匠と崇めるギタープレーヤーの1人です。



スリック先生は、長年デヴィッド・ボウイのサポートギタリストとして活躍された方で、ボウイの若い時から、



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=wsNE-syqsG4


ボウイ絶頂期にも、スリック先生は元気いっぱい。



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=51O7MT3rUpo


ボウイが渋くなっても、プレイは変わらず、




(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=or1dyvCgzMw


派手ではないと思うけど、この、男くさい音とフレーズがたまりません。



で、最近 YouTube で見つけて驚いたのが、スリック先生つい最近、冒頭に紹介した曲をライヴで演奏したんですね。しかもリー・ロッカーと。ロッカー氏はなんだかダンディになってしまっていますが、スリック先生は年不相応のやんちゃなファッションで、そして力強いギターはちっとも色あせていませんでした。

この曲のライヴ映像ですからねー、たいへん貴重だと、弟子としては思います。


どうかこの動画が削除されませんように・・・




(動画観れない方は下記をクリック)
http://youtu.be/aIsbPxkBW-M






好きなギター奏者①

2012.08.27(Mon) | EDIT

今度の水曜、休みが取れました!


水曜はのんびりオートバイに乗って(今月まだ乗ってないんです)、家に帰ってから先日の「処方箋ライヴ」のことをまとめるとして、今日は、YouTube で観れる私の好きなギタープレイヤーの演奏について、雑談をしたいと思います。


今日は、ハイラム・ブロックについて


最近、yuecafe の本番で、ループのエフェクタを使うことが増えてきているのですが、下記動画のようなハイラムみたくループを使えたら、おもしろいですよねー




(上の動画が観れない方は、下記URLをクリックしてみてください)
http://www.youtube.com/watch?v=XSpIYEZB6hY


ハイラムも数年前に若くして鬼籍に入ってしまって、生で観ることの叶わなかったギタープレーヤーなんですが、彼のように、ジャズ・フュージョン的テクニックも申し分ないのに、ロックを弾いても厭味なくてストレートに弾けるのは、いいですね。

僕は、ハイラムについては、ジャコ・パストリアスとのNYでのライヴ盤を聴いて、カッコいいなーと思ったのです。

こういう感じ


(上の動画が観れない方は、下記URLをクリックしてみてください)
http://www.youtube.com/watch?v=GKROH9jejZQ

ウェザーレポートの名曲ですが、ベース・ギター・ドラムのトリオでもこれだけスリリングに出来るんですねー(長年の夢ですがなんとかやりましょう、カトケンさん・・・勿論、僕はハイラムのようには弾けないけど)


この曲については、ジャコ没後にハイラムがテレビ番組か何かで収録した映像というのを最近見つけて(そもそも今回、このブログでハイラムのことについて話してみよう、と思ったきっかけも、この映像を観て感激したからなんですが)、



(上の動画が観れない方は、下記URLをクリックしてみてください)
http://www.youtube.com/watch?v=hvrrIyWeMJo


ロックですよねー 短い演奏なんだけど、このエモーショナル感は、私も真似したい感覚



彼は大阪生まれなので、だからか、日本でも人気が高いですね。「日本生まれ」という以前に、これだけ楽しいギター弾けたら、人気あるのも当たり前か。


以前はハイラムのCDも何枚か持っていましたが、今ではYouTubeで演奏を観る方が楽しいので、CDを集めるのも止めてしまいました。




下記動画もおススメです。




(上の動画が観れない方は、下記URLをクリックしてみてください)
http://www.youtube.com/watch?v=GKBWqzfEDzo




(上の動画が観れない方は、下記URLをクリックしてみてください)
http://www.youtube.com/watch?v=4cW8Uj10_9s

(上手い人はバッキングしていても楽しいのです)








素人ギター弾きの休日

2012.02.05(Sun) | EDIT

素人ギター弾きは、休日にはモモヒキを履きます。



先週あたりから、冷え込んでいるせいか、
古傷の左腕の痛みが増して、長時間、楽器練習できません・・・
暦の上ではもう春、早く暖かくなってほしいものですが、
長期予報によると、まだまだ寒いようですね

今月は、本番2回あるから、風邪ひかないよう気をつけなければ。



最近、遂に私もスマートフォンユーザーになりました・・・
私が購入した機種は、音楽的機能はパッとしないし、
インターネットやSNSも、自分はパソコンがメインなので
「スマホを持った」という実感があまり湧かないまま、充電のことばかり気になっていますが、
(今日、外部バッテリーも買ってしまった・・・)

カメラ機能だけはちゃんとした機種なので
(デジカメを買ったつもりでスマホを買った、という認識)

今ちょうど小樽では「雪あかりの路」イヴェントも始まったところだし、
いきなり「夜景の写真」はむずかしいけど、いろいろ撮ってみました・・・


DCIM0041_convert_20120205194508.jpg

DCIM0021_convert_20120205194639.jpg

DCIM0002_convert_20120205195328.jpg






楽器の練習が続かないので、youtube 観てましたが、

大好きなこの曲を、「youtube で観てみる」という発想が、今までなくて、
ちょっと探してみたら、カッコイイ映像がありました

このラヴェルの曲、オケのサウンドもカッコよくて、イントロからゾクゾクする。
そして、ピアノの表現力を思い知らされたような気がして、
左手だけのための曲のせいか、ピアノ素人の私にはそのドロドロした感じのサウンドがたまらなく、
(というか、左手だけでこんなに出来るのか・・・と溜息)
うまく言えないけど、「ピアノって、こういう楽器なんだ・・・」と、動画を観て再認識

ジャンルを問わず、音楽はやっぱりライヴ映像が楽しい



ただ、この映像に関しては、中途半端なところで半分に分断されているのが残念なんだけど・・・

左手のためのピアノ協奏曲(前半)
左手のためのピアノ協奏曲(後半)



それから、プロコフィエフのこの曲は、自分の出棺のときに流してほしいくらい好きな曲ですが、
こんなにきれいな女性ソリストの演奏が、こんなにきれいな画像で観れるんですねー

ヴァイオリン協奏曲第1番 第3楽章

1楽章のきれいな出だしも好きですが、この曲のクライマックスで、木管の合いの手の中、
独奏Vln.が昇天してく感じで歌っているのが、たまらなく好きなんです・・・
プロコフィエフの曲には、ほんとに美しいメロディーがあると思います。






Sing A Simple Song

2011.11.14(Mon) | EDIT

嫁さんが私のために

先日のYMOのNHKライヴ録画してくれたので、今夜、観ました。

あらためて言うまでもなく
YMO のお三方、グルーヴ感がたまらないですねー
昔から凄かったプレーヤーでしたが、
お齢を重ねられてからも、まだまだ groovin high ですねー

夜中に酔っ払っていても、聴いてて頭が冴えわたってきます。



現在形のYMOの雰囲気に、
自分の好きな曲を思い出してしまいました。
これもイイ曲ですよ
 ↓

プロフィール

kazu@blues

Author:kazu@blues
1969年札幌生まれ・小樽在住

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。