スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

H23.2.19 小樽「レノンセンス」にて

2011.02.21(Mon) | EDIT

というわけで、一昨日の土曜日、嫁さんとのデュオの本番が終わりました。
小樽でのギター演奏は、フリーランスさんで1回セッションに参加したくらいで、本番は初めてなのでした。

本番当日の様子や曲目は、yue cafe のブログで嫁さんがまとめてくれているので、そちらをご覧ください。




最近のアコギの本番では、ギターをアンプ(たいていジャズコ)に繋ぐことが多かったけど、今回はひさびさにラインに通して、マスターに音の加減をゆだねることにしました。・・・先日帯広のちゃあぼさんの店でラインに通して弾いてみて、「あぁこれでも大丈夫かも」という見当はついていたけど、今回のレノンセンスは音響がとても良いところだったので、とても良かったと思います。

ただ、
洋モノの伴奏は素直なアコギの音でもまぁサマになるけど、和モノ(昭和歌謡)のギターをアコギ1本で伴奏するのは、自分の腕前からするにキツい。やっぱりこれまで同様、和モノに関してはコーラスを軽くかませた方がよいかもしれない・・・、というか無理にでもエフェクタかまして、自分の腕前を誤魔化したい・・・

ピックを使わないで弾くのも、やっぱり僕には加減が難しい・・・
左手も、長時間弾いてると、痛くなってくる・・・

・・・という具合に、反省点だらけで、「伴奏ギター奏者としてはまだまだ修行が足りん」と、
会場のみなさんのおかげて本番を楽しませていただいた一方、自分は落ち込んで雪道の中タクシーで帰宅したのでありました。



アコギで落ち込んだ反動で、今週はエレキギターウィークとさせていただきます。
木曜にはレッチリのバンドの練習、土曜にはスクエアバンドのFさんの可愛い生徒さんとのセッション・リハーサルがあります。

レッチリのバンドの本番も4月の2日に決まったとのことで、実は時間がなくなってきており、さらに共演の方も、今回のジャイアン・リサイタルさんのように、すごい腕前の方と聞いております。
上手な方とご一緒させていただくのはとても光栄なんですが、やっぱりどうしても緊張してしまいますね・・・
といっても、ちゃんとお客さんに楽しんでいただけるよう頑張ろう。







スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

kazu@blues

Author:kazu@blues
1969年札幌生まれ・小樽在住

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。