バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

つぶやきです

2012.03.05(Mon) | EDIT

twitter でもつぶやいたのですが、先日土曜(3日)をもって、3週連続の本番が無事終わりました。
関係者のみなさま、たいへんお世話になりました。




3週待たずとも、その都度、ライヴ報告をすれば良かったのですが、今日に至り・・・

でもライヴの反省文は、またの機会とさせていただきます。

いろんなことがあって、何をどこから申し上げてよいのか整理つかなくて・・・



後になってあれこれ書かなくても、その場で演奏出来たことが現在の自分の全てですし、「音をもっとこうしたい!」とイメージすることをコトバにしようとしても、なかなかいい表現も思いつかず・・・

それに、せっかく写真の機能の良いスマートフォン(Lumix)を購入したのに、ライヴの写真を全く撮っていない・・・なので、ライヴの雰囲気もうまく伝えられそうになく。

でも、3本とも、ほんとに楽しいライヴでした。
遠からず、反省文、少しずつでもまとめようと思っていますので、どうぞお楽しみに・・・


先月18日の恵庭モジョ・ハンドさんと、先週の(旧)岡川薬局さんでの様子は
相方による yuecafe ブログにて書かれていますので、そちらも良かったら見てみてください。
yuecafe web


それにしても、本番3本くらいでくたびれていては、まだまだダナ。
月に何本も本番をやっている方々のバイタリティは凄いと思う・・・








ちょっと塞ぎ気味ですが、ここはギター関係のブログなので、ギタープレーヤーらしく、ギターの話題を。



最近 youtube 観賞では、Fretted Americana というアメリカの楽器屋さんのチャンネルが気に入っていて、
その動画で、お店の売り物のヴィンテージギターをガンガン弾きまくる Phil X さんというギタリストが素晴らしいんです。



http://www.youtube.com/watch?v=Spxd_1Hq18Y


チャンネルを見ていただけるとフェンダーやギブソンの往年の名器その他諸々を駆使して、我々になじみ深いロックのフレーズを次から次へと弾くんですが、それぞれの楽器の音の特徴が良く判り非常に参考になります。
そして、この、Phil X 氏、英語何しゃべっているかわかりませんがただ見ているだけでもとても面白可笑しく、ボン・ジョビのツアーギタリストも務めたことからも実力は申し分なく、安心して聴けます。


上の動画はわりとハードロック系ですが、他の動画ではクリーンめのファンキーな音でジェームズ・ブラウンやスティーヴィー・ワンダーの曲もやってたりして、見どころ満載ですので、ギター弾きの方でまだご覧になってない方は是非!





プロフィール

kazu@blues

Author:kazu@blues
1969年札幌生まれ・小樽在住

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。